« 落雷か、突然「バーン」と火炎…護衛艦衝突 | トップページ | 「名ばかり女性店長」、過労死認定=マックで講習中倒れる-神奈川労働局 »

ひったくりで小学生を補導

 小学生までも老婆の荷物をひったくる時代になってしまいましたか。

 どんな世紀末やねん! あ、21世紀末は未だ先か。

 それにしても…恐ろしいガキではありますが、悲しむべきは親の資質なんですかね?

 老人(特に女性)は敬う相手ではなく、ひったくりし易い鴨程度にしか見てないってコトですよね。まぁ、そーゆー犯罪も多く、マスゴミも布教活動している現状では、勘違いするガキがいても不思議ではないですけど。

 やっぱ、こーゆー親は、核家族だったり、共働きだったりするんかねぇ?

News

 おととい、旭川市の路上で60代の女性が現金10万円入りのバッグを奪われた事件で、小学4年の男子児童が補導されました。

 補導されたのは、小学4年生の男子児童と中学2年の男子生徒の2人です。2人はおととい、旭川市旭町2条8丁目の路上で66歳の女性が持っていた現金10万円入りのバッグを奪った疑いです。2人はいとこ同士で、自転車を二人乗りして犯行に及んでいました。調べに対し2人は「遊ぶ金ほしさにお年寄りを狙った。10万円はゲームセンターで使った」などと話しています。

|

« 落雷か、突然「バーン」と火炎…護衛艦衝突 | トップページ | 「名ばかり女性店長」、過労死認定=マックで講習中倒れる-神奈川労働局 »

社会」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ひったくりで小学生を補導:

« 落雷か、突然「バーン」と火炎…護衛艦衝突 | トップページ | 「名ばかり女性店長」、過労死認定=マックで講習中倒れる-神奈川労働局 »